このページのトップへ
HOME » WORKS » 黒と白を基調とした和モダンエクステリア

黒と白を基調とした和モダンエクステリア

※こちらの現場はエスビック施工写真コンテスト’15の石材部門にて敢闘賞を受賞しました。
テラスとつながるポーチ・階段部分にはエスビック(株)の「桂林・方形」を使用。カラーをノーブルブラックにしたことで全体的にモノトーンに統一されたスタイリッシュな仕上がりとなっています。


白の塗り門柱にはオンリーワンクラブの製品を盛り込みました。笠木には「モデルノシェーブ」
横長のスリットには「ウィンディベンチ」を使用。どちらもロートアイアンテイストの物を選び味わい深い印象に。スリットを入れることで開放感を演出する事ができました。

また、縦3本のラインには「シンプルライン」そしてサイド部分には「ジュエルグラス」を入れ込みました。


ジュエルグラスは耐久性・耐水性共に優れていて光が当たるとガラスに入っているクラックにより乱反射し小さな光の粒がキラキラと光るので照明と組み合わせて使うのもおすすめです。これらの製品を使い「和」にも合う現代風な門柱に仕上がりました。
Contact